2006年06月24日

どんな事に使えるの?

あらゆる事に試してみましょう!

しつけの問題
健康問題
気性-気質の問題
飼い主との関係性の問題(ペットのどんな事に、あなたはいらいらさせられたり、悩んだりしていますか?)
他の動物との関係の問題。嫉妬。
注目してもらいたい行動、繰り返される行動障害
怖れ、恐怖症、自己認識
不幸、憤慨、社交性の欠如
アレルギー
痛み、不快感、不安、病気
過去のトラウマ、虐待、手荒に扱われた事などなど

そのほか、思いつくものには何でも試してみましょう!

EFTの先進国アメリカで実際に使われている体験談を投稿していきますので、ぜひ参考にして下さい。

ニックネーム あまがえる at 17:28| Comment(9) | TrackBack(0) | どんな時に使うの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やりかた

まず、基本であるEFTの標準的なやり方を覚えましょう!

1.準備のツボを叩く(セットアップ)

karate.jpg

まず、図の示す小指側のてのひらの柔らかい側面部分、空手チョップをする場所なので、「空手チョップポイント」と呼ばれています。

そこを反対側の指で軽くトントン叩いて刺激します。

この時、解消したい問題を次のような形で3回言います。これが基本です。(大勢の人のいるところでやる場合は頭の中で言っても構いません)これを「セットアップ・フレーズ」と言います。

「○○(ペットの名前)は、○○(問題)だけれども、良い○○です」

例:「ジャックは、うんちを食べてしまうけれども、良いワンコだよ」(食糞問題)
「太郎は外に散歩するのが嫌いだけど、良い子だよ」


続きを読む
ニックネーム あまがえる at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | アニマルEFTのやり方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アニマルEFTって何?

EFTとは、Emotional Freedom Techniqueの略で、感情的ストレスや体の不快感を、顔や体のポイント(ツボ)を指先で優しく叩く事(タッピングと言います)によって軽減したり、解消するテクニックの名前です。

『肉体的・感情的な不快感・苦痛は、体の中や外側に沿って流れている
エネルギーが滞っている事が原因である』という東洋医学の知恵を学んだアメリカの臨床心理学者のロジャー・キャラハン博士が開発したキャラハン・テクニックを学んだゲイリー・クレイグ氏が一般人でも簡単に出来て、効果も得られるようEFTを創りました。

トラウマや様々な感情的苦痛を解放出来るとして、アメリカやヨーロッパでは、専門家、一般人を問わず、EFTを実行する人が増加の一途を辿っています。

アニマルEFTは、動物に向けて行なうEFTの応用方法です。

EFTは、感情的・肉体的不快感を持っている人が、自分で自分の顔や体を
トントンとタッピングしたり、専門家や友人・家族などにタッピングしてもらうというのが基本のやり方ですが、アニマルEFTでは、ペットの顔や体をタッピングしません。対象となるペットの「代理」として、行なってあげたい人が、自分の顔や体をタッピングします。

このブログでは、アニマルEFTのやり方、様々なケースに応用した例を紹介していきます。
ニックネーム あまがえる at 17:20| Comment(4) | TrackBack(0) | アニマルEFTって何? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする