2007年09月10日

さみしかった猫

猫と2人暮らしをしている飼い主さんが足を骨折して入院してしまいました。退院してみると、今まで膝の上に乗ってくるような習慣はなかった猫が、ソファに横になっていると必ず足に乗ってくるようになって困ってしまいました。まだ足が完全に治っていないので、猫が乗ると痛むのです。

飼い主の従姉がEFTをやってみることになりました。恐らく猫はさみしかったのではないかという事で、「ボクはさみしかったよ。もうどこにも行かないで〜」と猫が感じていたかも知れない感情的ストレスを言葉に出してタッピングしました。

すると、猫は気持ちよさそうに目を瞑っていたそうです。タッピングが終った後、しばらく眠っていた猫は、その日1度足に乗ってきた以外は、以前のように自分の好きな場所でくつろいでいるようになったそうです。


ニックネーム あまがえる at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | どんな時に使うの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする