2007年10月01日

掃除機を怖がる犬 腰の関節炎

電気掃除機で掃除を始めると、怖がる犬がいますね。掃除機恐怖症ともいえる状態にEFTを試した話と、腰の関節炎に効果があった話を今日は紹介します。

http://www.emofree.com/Animal/fear-arthritic-back.htmの抄訳

私が飼っている犬のピプキンは新しい電気掃除機をとても嫌がるようになりました。その嫌がりようはというと、私がそれを取り出すだけで隠れてしまうほどでした。そこで私はEFTをピプキンに対して行なう事にしました。
ピプキンを私の前に座らせて、頭のてっぺんをタッピングし始めました。「ボクはうるさい音を出す掃除機が怖いけれども、良いワンコだよ。掃除機が動いているのが好きじゃないけど、ボクは良いワンコだよ」

次に、耳の後ろ、眉毛のポイント、目の下のポイント、鎖骨ポイントを「嫌な掃除機、うるさい掃除機」と言いながらタッピングしました。それから同じポイントをタッピングしながら、次のようなポジティブな言葉を言いました。「心地良い掃除機、フレンドリーな掃除機、ハッピーな掃除機」

いま私は別の問題を抱える事になりました。ピプキンはもう掃除機を怖がらなくなっただけでなく、私が掃除機を使っている時にどいてくれなくなったのです。

腰の関節炎にEFTを使った話

最近、私はマックスというダルメシアンに会いました。マックスは後足の問題がひどくなってきたので、飼い主によって私のところに連れてこられたのです。マックスは興奮するたびにリードを引っ張り、後足が崩れ落ちるのでした。私はすぐに腰に問題があると思い、マックスが私のそばを歩いている時に、手をマックスの腰に当てました。

マックスの腰からとても不快なものを感じたとき、悲しくなりました。注意深く調べ、飼い主のマルコムにこう言いました。「マックスは腰にひどい関節炎があると思うわ。これを治せるか分からないけど、EFTを試してみるわ」と。

最初に、マックスを落ち着かせるためポイントを押し、マックスの腰の問題について考えながら(言葉には出さず、思っただけです)、目の下のポイントからタッピングを始めました。私は直感で様々なポイントを5分間タッピングし続けました。それと同時にマックスの腰が癒される事にポジティブに考えました。

私はマルコムに、どんな結果になるか分からないけど、もしこれが役に立ったなら電話をして、もう1度セッションをしましょうと言いました。私は最近になって3回目にマックスを観ましたが、関節炎を見つけることは出来ませんでした。そしてマックスは普通に歩いていたのです。癒しの過程で私たちには分からないことが起きる事が時々あります。でも、それがどうしたというのでしょう。マックスは今良くなっていて、私はとてもうれしいのです。

覚えておいて下さい。たとえ良くする方法を考えられない時があったとしても、ただ直感を使うと効果がしばしば現れるという事を・・。

Denis Jevon
ニックネーム あまがえる at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | どんな時に使うの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1128815
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック